英語学習

ShopとStoreの名詞の違いについて|英語学習メモ

shopとstoreはどちらも日本語で「お店」ですが、その意味合いは異なります。

その使い分けについて整理したメモです。

※以下https://www.dictionary.comよりお店の意味合いの説明を引用しています。

shopは専門店

shopの説明は以下。

A retail store, especially a small one.
A small store or department in a large store selling a specific or select type of goods.
A place for doing specific, skilled manual work.

つまり、shopは小売店や専門店、製造・加工といったこともするお店。

shopの例
  • bicycle shop
    自転車店
  • a coffee shop
    コーヒー店
  • a flower shop
    お花屋さん
  • a butcher’s shop
    精肉店

storeは販売店

一方で、storeはこちら。

An establishment where merchandise is sold, usually on a retail basis.

つまりstoreは物を販売することがメインのお店。

storeの例
  • a clothing store
    服屋
  • a convenience store
    コンビニ
  • a department store
    デパート
  • a drug store
    ドラッグストア
  • a grocery store
    食料雑貨店

shopとstore使い分けから見る文化

服屋さんでも丈を詰めたりしてくれるけど?と思うのですが、アメリカやイギリスの服屋さんには丈詰めのサービスはなく、仕立て屋さん(tailor)など別のお店で行うようです。

単語の中にも文化が垣間見えておもしろいな~と思いました。

まとめ
  • shopでは商品の加工も行い、より専門的。
  • storeでは出来上がった製品が売られている。



予約なしで24時間いつでも受講可能!【Cambly(キャンブリー)】

【期間限定】下記プロモコードで15-45%引きキャンペーン中です(1/28~1/31)
プロモコード:native2020jp

目指せバイリンガル!Aki’s English Challenge