終活

自分が死んだ後のクレジットカードや銀行口座はどうなるのか

キャッシュレス化によりクレジットカードを持っている方も多いことでしょう。

私も気付けば片手では数えられない枚数のカードを所持しています。

しかしふと思いました。
このカードは私が死んだ後どうなるのか?

今回はクレジットカードや銀行口座についてのまとめです。

遺族が届け出ない限りクレジットカードは停止しない

遺族がカード会社に私が死んだことを届け出ない限り、カードの利用停止はされません。

つまり、遺族の誰かがカード会社に連絡してくれない限り、クレジットカードのデータ上は私は生きていることになるのです。

突然死でなくあらかじめ死期が予測できている場合には、不要なクレジットカードはなるべく解約し、最後まで解約できないカードの使用状況を家族に知らせておきたいところです。

クレジットカードの未払い分も相続の対象となる

クレジットカードの未返済金があった場合、その債務は遺族に相続されます。

クレジットカードの引き落とし口座に預金が残っていればそこから支払うことになるのですが、それができなければ遺族がその債務を負うことになります。

もし莫大なカードローンを組んでいたとしたら大変です。
ただし相続人は債務を含め財産放棄をすることで、残った債務の支払いをしなくても済みます。

そんなことにならないよう遺せるものは遺してあげたいですが。

金融機関は亡くなった預金者の銀行口座を凍結する

一方で、亡くなった預金者の銀行口座は正当な相続手続きがなされるまで一時的に凍結されます。

ただし、これも遺族の誰かが銀行などに届け出ないと金融機関側では分かりません。

これがどういうことになるかと言うと、クレジットカードの引き落としや何かの料金の引き落とし口座として口座が登録されていた場合、誰も届け出なければ死後も自動で引き落とされ続けるということです。

一人暮らしで亡くなり誰にも発見されなかったら、口座にお金がある限り公共料金が引き落とされ続けるなんていう事態もあり得るわけです。

カードも銀行口座も最終的には何らかの方法で遺族に連絡が入る

銀行口座が凍結されたり口座残高が不足することでクレジットカードの引き落としができなくなれば、カード会社から名義人の連絡先に通知が来ます。

遺族はその通知を見てクレジットカードの存在を知ることができるでしょう。

そのため、いずれは何らかのタイミングですべてのカードについて遺族が知ることになります。

遺族からの届け出や、銀行口座の凍結によって私が死亡したことをカード会社が把握すればカードは無効化されます。

死後にクレジットカードを不正利用されたら

ではもし自分の死後にクレジットカードが利用されたら?

家族や遺族による利用であればそれは相続の一部になるため、基本的には家族・遺族間での話し合いで解決する事例です。

第三者に利用された場合はカードの盗難と同様の扱いとなります。
不正利用が判明した時点(利用明細や請求書が届いた時点)でカード会社に報告してください。
不正利用であることがカード会社に認められれば、遺族が債務を負担せずに済みます。

クレジットカードの解約も終活の一部

お金に直結するクレジットカードですから、トラブルを未然に防ぐためにもカードの数は少なくしておくのが賢明です。

そして、どのカードを何の支払いに使っているかをエンディングノートにメモしておくと良いですね。