終活

「お葬式をあげない」ってあり?葬儀をしないことによるメリットとデメリット

「亡くなる=お葬式」が社会の通年となっていますが、個人的にはお葬式をあげないことも考えています。
核家族化の進む現代では私のような考えの人も増え、昔のような大々的なお葬式も減ってきているように思います。

そこで今回はお葬式をあげないことがどういうことなのか、お葬式をあげないと困ることがあるのかという点からまとめてみました。

お葬式はあげなくても法的には問題ない

まず法的な観点から考えてみますと、人が亡くなった時にしなくてはならないことは日本においては「死亡届を提出する」ことと「火葬すること」のみです。

お葬式をしなくてもいいですし、お墓に入れないことも問題ありません。

死亡届を提出する際には医師による「死亡診断書」が必要となりますので、それは病院なり訪問なりで医師に書いてもらう必要はあります。

日本のお葬式は日本独自の宗教的な儀式

ではなぜ人々はお葬式をするのでしょう。

お葬式は死者を弔う宗教的な儀式です。
ではどの宗教かというと、現代のお葬式の風習は仏教だけでなく儒教や神道にちなんだものも含まれています。

例えば、お通夜までは自宅に遺体を安置する風習は儒教、お清めの塩は神道の風習です。様々な教えが合わさって今のお葬式の形式ができているのです。

なぜお葬式をあげたくないと思うのか

しかし葬儀や葬式には費用に不透明な部分が多く、宗教への信仰も特にない自分にとっては葬儀での儀式にも心が動きません。

特に、僧侶による読経や戒名にもありがたみを感じられず、高いお布施を納めることに疑問すら感じてしまいます。

私の家は基本的に仏教ですが、私自身はお経を読むこともありませんし、自らお墓参りに行くことも稀です。
ご先祖様を大事に…という教えは分かりますが、実践するまでの信仰心がないのが実際のところです。

最終的にはお葬式をあげることに抵抗を感じる最大の理由は、「よく分からないものに大きなお金をかけたくない」というところでしょう。

お葬式をあげないことで起こる不利益

一方で、お葬式をあげることで良いこともあります。それは「親戚や故人の近しい方々との挨拶を一度に終わらせることができる」ということです。

もしお葬式をあげなければ、五月雨に訃報が伝わり様々なタイミングで弔問の対応をしなければならなくなります。
そうなると「やはりお葬式をあげておけば…」ということにもなりかねません。

そして「お葬式をしないなんて!」と親戚や身内から非難されるおそれも大いにあります(特にご年配の方は気にするでしょう)。
故人との関係性によっては、遺品整理や相続の話などその後の親戚付き合いに影響するかもしれません。

自分のお葬式をあげずにかつ遺族関係を穏便に済ませたいときは「葬式はしないで欲しい」と遺言に記しておくべきですね。