終活

損をしない遺品整理のために知っておきたい業者の選び方

人が亡くなると必ずと言っていいほどやらなければならないのが遺品整理です。

私は実家にも少し荷物が残っており、今住んでいる家にももちろん自分の荷物があります。
雑多なものもたくさんあり、正直これをまるまると残して旅立つのは処分の手間を考えると残された人に申し訳ないなあと思います。

ともすればかさみがちな処分費用。
なるべくお金ををかけずに整理する方法をまとめました。

※なお今私や近親者が何か病気をかかえているというわけではなく、いずれは誰かに訪れる可能性のある事象として書いています。

遺品整理にはお金がかかる

遺品整理は物が多ければ多いほど大変です。
しかもどれを捨てるか残すかも悩みます。

生前に本人の意思の元処分できていれば良いのですが、実際には残されたよく分からないものがたくさん…なんてことになりがちです。

大量の遺品を処分することになればそれなりに費用もかかります。

同居する家族がいれば家具や家電は使いますから処分するのは故人のものだけですが、それでも衣類や文房具、手紙、年賀状、貴重品、その他よく分からず処分に困るものが多いのではないでしょうか。

単身世帯であれば他の家族が一軒分まるまるの遺品整理を対処することになりますが、働きながら遺品整理のために足を運ぶのは遠くても近くても正直大変です。

ならば頼れるのは業者…となるのですが、気になるのはその相場です。

遺品整理の費用

遺品整理にかかる費用は部屋の広さと処分するものの量によって決まります。

1都3県を担う遺品整理や特殊清掃の会社である「絆」の一例を見ると、1Kで33,000円~(税込)とあります。
遺品整理・清掃を全国展開する「ライフリセット」さんでは1Kで20,0000円(仕分け・処分・清掃込)~でした。
※詳しくは下記リンクからどうぞ

年令問わず幅広くご対応 遺品整理・特殊清掃なら絆
遺品整理のことなら【ライフリセット】

生前整理・遺品整理の費用は高い?

この金額、一見高いように見えますが私は安いと感じました。
理由は無駄がないからです。

自宅でで生前整理をするならまだしも、離れた実家などで遺品整理をするには自宅とその家を何往復かする必要があるでしょう。
その交通費や費やす時間を考えると、業者に対応してもらえるのは大変助かります(立ち合い不要も可能です)。

処分するものの他にも、もしご遺体が室内で腐敗などしていると、細菌の繁殖による臭いも問題となります。
そういった場合は別途特殊清掃の費用がかかります。

床上、浴室の特殊清掃、消臭・抗菌剤処理、畳の処分などが必要になった場合は合計で10万円以上にも及びます。

実家で同居している家族がいるならば問題ないでしょうが、親御さんが独り暮らしの場合はそういった心配もあります。

遺品整理士によるプロの整理


さらに、業者に頼めば遺品整理士の指導・管理の元で遺品整理をしてもらえます。

遺品整理士とはその名の通り、遺品の整理に関する知識やリサイクル・産業廃棄物などの処分に関する知識を習得した専門職です。
大がかりな片付けとなれば近隣住民の方のご迷惑も考えなければなりません。そういった周辺環境に対しても、専門業者であれば配慮して対応してくれます。

しかも、もし高価な品を破損してしまった場合、自分では取り返しがつきませんが業者にお願いしていれば保険で賄えるので、何が出てくるか分からない遺品整理ではプロに任せるのが一番だなと思います。

日本唯一のSHP工法による、優秀な消臭対策
遺品整理・特殊清掃なら絆

買取の有無は要確認

外せないのが買取サービスの有無です。

生前整理・遺品整理の際に一緒に買取業者の対応もしてもらえれば大いに助かります。

もちろん委託する場合はいくらか手数料が引かれるため、手元に戻ってくる金額は減るでしょう。
しかし整理業者を探して、依頼して、立ち会って、買取業者を探して、依頼して、立ち会って…と考えるとやはり面倒です。

時間が許すのであれば自分で買取業者に依頼することもできます。
しかし、買い取れなかった物品を処分することになったら?

これらのことを考えると、片付けと買取を一度に済ませてしまった方が楽ではないでしょうか。

買取も行っている遺品整理業者

遺品整理や生前整理を依頼できる業者さんを調べましたので一覧を載せておきます。

会社名 対応エリア 特長
東京・神奈川・埼玉・千葉 特殊清掃にも対応
ライフリセット 全国 賃貸の清掃も請け負っている実績あり
オールサポート 大阪府・大阪市内、近畿 大阪に特化
遺品の整理屋さん 東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・栃木・茨城・静岡・山梨・大阪・兵庫・京都・奈良・和歌山・滋賀 買取の幅が広く買い取り額と相殺し費用を抑えやすい

いずれも見積もりは無料なので、時間に余裕があるのであれば見積もりを取り、一番安いところに依頼すると費用が抑えられます。

見積額以上に追加費用がかからないことを確認し、納得できる業者に依頼します。

遺品整理にかかった費用は誰が払う?

遺品整理や特殊清掃の費用は手間を考えれば安いとはいえ高額になりがちです。
しかしその費用は必ずしも遺族が負担する必要がないのです。

これらの処分費用は「遺品整理は相続財産の確定に必要な行為」であり、「財産から負債を引く段階で遺品整理の費用も引いて相続財産を確定する」ことができます。

つまり、故人の相続財産から捻出することができるのです。

そう考えるともし自分があれこれ残して旅立ってしまっても、遺産から捻出してもらえばと思うと心理的な負担が少し軽くなりますね。