終活

お墓よりも樹木葬をしたいけど…タイプと埋葬後の扱いや注意点

最近「樹木葬」という言葉をよく耳にします。
「樹木葬」と書かれたのぼりを掲げているお寺さんも時々見かけるようになりました。

なんとなく自然なイメージがあるこの「樹木葬」ですが、安易に決めてしまうと後々取返しがつかないこともあるようです。

今回は「樹木葬」とは何か、費用はどのくらいかかるのか、樹木葬をする際に注意すべき点についてまとめています。

樹木葬とは木を墓標とした埋葬方法


まず、樹木葬とはお墓の代わりに木を植え墓標とすることです。

通常お骨は墓石を墓標(目印)としてその下に納骨しますが、樹木葬では植えた木の根元に納骨します。

墓標とする木が1人1本の樹木葬もあれば、1本の木をシンボルツリーとしてその周りに合同で遺骨を埋葬する樹木葬もあります。

また、納骨方法にも骨壺に入れて埋葬する方式と、そのまま土に埋める方式があります。

種類については次の項目で説明していきます。

樹木葬の種類

木を墓標とする樹木葬ですが、その方式は様々です。

ここでは「墓地の場所」と「遺骨の埋葬方法」、「個別か合同か」の観点からご説明します。

墓地の場所による埋葬タイプの違い

樹木葬の墓地は、区画化された一般的なお墓のような場所と、里山のような自然に近い場所があります。

区画化された場所での樹木葬は「ガーデニング霊園」とも呼ばれ、どちらかというと西洋の庭園のような雰囲気があります。

都市部から比較的アクセスが良い場所にある霊園が多く、通いやすいところも多いよう。
それぞれ専用の区画があり、従来の墓石型の霊園とお墓参りのスタイルとあまり変わらず受け入れやすい形式です。

一方、里山に埋葬するタイプのより自然に近い霊園もあります。
里山ですのでアクセスは少々悪くなります。車がないと行けないような場所ですと、自然と足が遠のいてしまうかもしれません。

私のように大地に還りたいと考えている方には良さそうです。

遺骨を骨壺に収めるかそのまま埋めるか

遺骨の収蔵方法には、骨壺をカロートと呼ばれる納骨スペースに収める方法と、そのまま埋める方法があります。

樹木葬であれば骨壺から遺骨を出し、そのまま土に埋めることが多いそうです。

土に埋めてしまうと元に戻すことは難しいので、その点をよく考える必要があります。

個別で埋葬するか合同で埋葬するか

お骨を個別の樹木に埋めるのか、合同で埋めるのかの違いもあります。

区画化された霊園で樹木葬をする場合は個別に埋める(収蔵する)ことになるでしょう。

一方で、永代供養墓など、継承者がいなくても一定期間供養が行われるお墓では通常は合同で収蔵されます。

例えば、樹木葬でシンボルツリーの合葬墓とした場合、1本のシンボルツリーの元にたくさんの方の遺骨が収蔵されることになります。
そうなると後から取り出せません。

ただ、お墓から遺骨を取り出すことは今のところ私は一度も経験していないので、お墓の引越しの予定などがなければ問題ないでしょうね。

樹木葬の費用は30万~70万

次に、樹木葬を選択肢に入れたときに気になるのが費用です。樹木葬は墓石に比べて費用が安いと言われています。

ただし、それは個別の区間を設けない合葬墓の場合です。

新たに個別で遺骨の収蔵スペースを設けたい場合は40万円~50万円が相場です。

既にあるお墓に新たに納骨する場合、墓誌に彫刻する費用や納骨の施工費がかかります(相場は10万円~20万円)。
納骨式での僧侶へのお布施も必要ですし、接待費も含めると40万近くかかることが想定されますので、既にお墓がある場合は納骨式をしたとしても樹木葬とあまり費用は変わらないでしょう。

また、新たに霊園の区画を取得し、専用の樹木を植えるとなると100万円近く費用が必要になります。

合葬の樹木葬で良いのであれば費用は抑えられますが、個別で…と考えるのであれば樹木葬にする必要があるかどうかをよく検討した方がいいですね。

樹木葬のメリットとデメリット

これまでに述べた内容になりますが、樹木葬のメリットとデメリットをまとめておきます。

メリット デメリット
・遺骨を土に還すため自然に還ることができる
・墓石を新しく買うよりも費用を抑えやすい
・納骨後の後継者がいらないことが多い
・土にそのまま埋めた場合取り出すことが困難
・里山型は霊園へのアクセスが不便
・家族代々のお墓として使いたいときに継承できない

ここにあげているメリット・デメリットはお寺や霊園を吟味することで解決できるものもあります。

樹木葬をする場合はいくつか候補となるお寺・霊園をピックアップし、実際に足を運んでみて決めたいところです。

永代供養と言いながら「管理費が追加でかかった!」というトラブルもあるので、条件は事前によく確認しておく必要があります。

散骨との違い

最後に、散骨について触れておきます。

散骨は土に埋めるのではなく粉末状にして海や宇宙空間にまくことです。

「宇宙葬」なんて言葉も最近では聞かれますよね(ちょっと憧れます)。

散骨に関しては法的に明確な規定がありません。
そのため基本的には散骨をするための申請や許可という手続きは存在しません。

ただし、自治体によっては条例で細かく散骨について定めていることがあります。この条例は基本的には散骨式などを扱う業者への規制ですが、個人に対しても定めている自治体もあるかもしれません。

確かに泳いでいる横でいきなり粉末状とはいえ遺骨をまかれたら驚きますよね。

故人が散骨を希望していたり自身が散骨を希望する場合、自治体の定める散骨についての条例を調べておくといいですね。

(宇宙葬は、費用が高そうなので今のところ諦めます。)