旅ログ

JALマイルでファーストクラス!1年で4万マイル貯めた方法

一度は乗ってみたいファーストクラス。
ついに日本ーロンドン便のファーストクラスを予約しました。

ヨーロッパ線のファーストクラスは激しく高いので、もちろんマイルを利用した特典航空券です。
JALの国際線ファーストクラスは片道5万マイルから設定されています。

ファーストクラスに乗ってみたい、どうせならマイルで…という方の参考になればと思います。

使ったのはクレジットカードだけ


「飛行機に乗らずマイルを貯める」というと、たいてい「ポイントサイトを利用しよう!」という方法がよく紹介されています。

でもポイントサイトって交換するのに時間がかかるし、登録したり交換したりが面倒だと思いません?

なのでふくねこはポイントサイトを利用せず、普段の買い物だけで貯めました。

それも年会費無料のイオンカードです。

イオンJMBカードでマイルを貯める

イオンカードのうち、JALマイルが貯まるのは「イオンJMBカード(WAON一体型)」。

JALマイレージバンクと電子マネーWAONの機能が1枚になっているイオンのクレジットカードです。

このカードでJALマイルを貯める方法は以下の3つ。

  1. クレジット利用で貯める(200円につき1マイル)
  2. WAON利用で貯める(200円につき1マイル/特約店では2マイル)
  3. WAONボーナスポイントで貯める(ボーナスポイントの半分がJALマイルになる)

200円で1マイルということは、1万マイル貯めようと思ったら200万円の買い物が必要。
ファミリーマートなどの特約店では1マイル200円ですが、それでも1万マイル貯めようとすれば100万はかかります。

なのでここで1番利用すべきは③のボーナスポイントです。

WAONボーナスポイントは特定の商品に「WAONボーナスポイント」というポイントが付与されていて、その商品を電子マネーWAONで購入するとWAONポイントがもらえるというサービスです。

例えば、150円のヨーグルトに30ポイントのWAONボーナスポイントが付いているとします。
これをWAONで購入すると、30ポイントのWAONポイントがもらえるので、実質120円で買ったことになるのです。

そして、イオンJMBカードではWAONポイントの代わりに、WAONボーナスポイントの半分がマイルとして貯まります。

先ほど例に挙げた30ポイントのWAONボーナスポイントが付いた150円のヨーグルトを買うと、15マイルがJALマイルとして貯まるのです。
これだと1マイル当たり10円です。

ボーナスポイントを活用すると、利率が良い320円で50マイル、つまり6.4円で1マイルが貯まる商品もあります。

JALの航空券を普通に購入すると、羽田ー福岡(567マイル)で28,000円(特割)~42,000円ほど。

割引運賃はマイル積算率が低く貯まるマイルも少なくなるので、飛行機に乗って貯まるマイルは、JALの場合1マイル60円~65円くらいの価値になります。

1マイル10円程度で貯められるイオンJMBカードは、飛行機に乗るよりはるかに効率よくマイルを貯められるのです…!!

普段の買い物でコツコツためて1年で約4万マイル

しかもイオンJMBカードの良いところは、イオン系列のスーパーでマイルが貯められること。

普段買うヨーグルト、飲み物、お豆腐などの日配品、カップ麺、冷凍食品やアイスなどにボーナスポイントが付与されるので、「いつも使い」をしながらマイルを貯められました。

ボーナスポイントが付く商品は1週間~1ヶ月の期間があり、ポイント利率のいい商品はポイントが付いている期間が短いことが多いです。
冷凍食品なんかは買っておいてもそのうち食べればいいので、ポイントが高い時に買いだめしています。


そうしてコツコツためること約1年。

2018年の9月末で43264マイルだったJALマイルが…


81226マイルまで貯まりました!!

(-80000はファーストクラスの特典航空券に利用して引かれてます。)

ちなみになぜJALかというとJALは海外の特典航空券を片道でも予約できるからです。
ANAは往復じゃないと予約できないのでJALでファーストを取りました。


ボーナスポイントのマイルは10日、20日、30日に積算されてマイルとして加算されます。

ポイント交換をしなくてもそのまま貯まるので、早いし面倒がかかりません。

実はイオンカードは他にも1枚あるのですが、JALマイルを貯めるためにイオンJMBカードを作りました。

クレジットカードが増えることに抵抗はあったけど、作っておいてよかったなあと思います。




有料カードでもいいならSPG AMEXがメリットたくさん

もし年会費を払ってもよいのであれば、SPG AMEXカードがマイルが貯まりやすく、持っていることによる大きなメリットもあります。

SPGカードからのマイル交換のメリット

SPG AMEXカードはMARRIOTT BONVOY(マリオットボンヴォイ)という無料のロイヤリティサービスと連携していて、SPG AMEXで貯めたMARRIOTT BONVOYポイントは、3:1の利率でJALやANAのマイルに交換できます。

例)30000ポイント→10000マイル

ポイントをJALにもANAにも交換できるのが便利ですよね。
海外のアライアンス系航空会社の多くが提携しているので、世界中でメリットが大きいカード。
(なぜかニュージーランド航空は200:1と交換率が低いですが、他はだいたい3:1。)

SPG AMEXカードで通常の買い物をすると100円につき3ポイントたまるので、3:1で交換できるJALやANAであれば100円で1マイルをゲットできます。

提携ホテルなら100円で6ポイント。
10000円分の宿泊で600ポイント=200マイル分が貯まるうえにゴールドエリート特典(後述)でさらにポイントが付きます。

SPGカード所持によるメリット

Marriott Bonvoy(マリオットボンヴォイ)には会員資格のランクがあるのですが、SPG AMEXカードを持っていると一般から2ランク上の「ゴールドエリート」の特典が利用できます。

このゴールドエリートの資格があると、提携ホテルで客室のグレードアップや午後2時までのレイトチェックイン、無料高速Wi-Fi、予約保証、ボーナスポイントなど恩恵が受けられるのです。

さらに一番のメリットは、毎年のカード継続毎に無料宿泊特典がプレゼントされること。
マリオット系列のホテルに無料で泊まれるだけで元が取れそうです。

SPG AMEXカードの年会費

そんな特典盛りだくさんのSPG AMEXカード。

気になる年会費は34,100円(税込)。
家族カードは17,500円(税込)です。

家族2人で持つと年間51,600円(税込)となるわけですが、ふくねこは持っておらず主人が持っています。
ホテルに泊まるとき特典が適用されるのは会員本人の部屋なのですが、泊まるのは同じ部屋だし、マイルを貯めることをを気にせず夫婦でカードの恩恵を受けるなら、片方だけ持っていれば十分です。

SPG AMEXカードは申し込んで3ヶ月以内に10万円利用すると30000ポイント(10000マイル分)がもらえます。

生活費をすべてカードで支払えば10万円くらい普通にかかりますよね。

今後マイルを貯めて旅行に行きたい人はもちろん、旅先でちょっといいホテルに泊まりたい人は持っていて損はないカードだと思います。

SPG AMEXカードの詳細を見る

主人はSPGでマイルを貯め、ふくねこはイオンJMBでマイルを貯め、無事ファーストクラスのマイルに到達できました。

ファーストクラスに乗るのは主人の夢。
フライトはまだ少し先ですが、今からとても楽しみです。

目指せバイリンガル!Aki’s English Challenge