日々のできごと

大きなムーミンのぬいぐるみを自宅の洗濯機で洗ってみた

汚れが気になってきた大きなぬいぐるみ。

どうやって洗おうか悩みませんか?

専門のクリーニングは高いしどうしよう…と悩んだ末に、自宅の洗濯機で洗ってみました。

ぬいぐるみの汚れやくたびれ具合が気になる


ムーミンを我が家に迎えたのはもう4年前。

耳は垂れ、夫が肘をかけるのでムーミンの顔も歪んでしまっています。

それに加え手垢や何やらで汚れも目立ってきました。

これじゃムーミンがかわいそう…。

お天気がいい日に思い切って自宅の洗濯機で洗ってみることにしました。

洗濯ネットで拘束されたムーミン


洗濯機にそのまま入れることも考えましたが、ぬいぐるみの中身はなんたって綿。
回転でよさってしまう事態が予想されます。

そこで洗濯ネットに入れました。
家にあった大モノ洗い用のネットがなんとジャストフィット。


洗濯ネットに入ったムーミンはもはや拘束状態…。

ごめんよムーミン、君をきれいにするためなんだ。

ちなみにこの時点で耳が折れないようピンと立てておきました。


足も形をきちんとそろえて拘束…じゃなくて収納。

いよいよ洗濯機にインです!




胎児のポーズで洗濯機に投入


さて、ムーミンを洗濯機に入れるのですが、この洗濯機は6.0kg。

縦に入れると頭がはみ出てしまうので、胎児のようなポーズで横向きにしたら何とか収まりました。

これが正解で、たぶん縦に入れていたら回転で左右どちらかに綿が寄ってしまっていたんじゃないかと思います。

頭とおしりを遠心力のかかる方向に入れると良さそうです。

あと柔軟剤も入れました。

大きなぬいぐるみは乾くまで時間がかかる


無事洗濯機で洗われたムーミン。

どうやって干すか悩み、「バケツの上に置く」という方法でベランダに干しました。

綿のよりができてしまっていたら、干すときに含んでいる水の重さを利用して膨らませたい方向を下にしておくときれいに仕上がりそう。

ただ1日干しただけではムーミンは乾かず、まだ部屋干し中です。

自宅でも大きなムーミンを洗えた


こちらが洗濯後のムーミンです。

まだ完全には乾いていませんが、耳の折れも直りシャンとしたムーミンになりました!

付いていた汚れもある程度は落ち、自宅の洗濯機でもそれなりにきれいにすることができました。

めでたしめでたし。

今回はあくまで洗濯ネットのサイズや洗濯機とのフィット感がちょうどよかったために型崩れせず洗えた可能性もあります。
一歩間違えばへにゃへにゃなムーミンになってしまっていた可能性もあるわけで…。

心配であればプロに任せるのが一番です(^^;

全国対応 宅配ぬいぐるみクリーニング
↑大きさを入力して見積もりできます。

ライオンさんのホームページでは自宅でのぬいぐるみの洗い方が載っていますので参考にしてみてください。
型崩れ防止のために干すときはネットのまま干すのがいいみたいですね。
洗剤はアクロンを使っていました。

ライオン ぬいぐるみの洗い方

目指せバイリンガル!Aki’s English Challenge