カフェ・グルメ

THE CITY BAKERY 吉祥寺店でモーニングを食べてきた

吉祥寺パルコにTHE CITY BAKERY(ザ・シティベーカリー)というパン屋さんができたので、ちょっとリッチな朝食を食べに行ってきました。

ニューヨーク発祥のベーカリー

シティベーカリー ベーカリー&カフェ 白馬・長野

出典:東京・吉祥寺|THE CITY BAKERY

シティベーカリーは1990年にニューヨークで開業したパン屋さんです。

なんと海外進出は日本が第1号。2013年4月に大阪のグランフロント大阪に出店しました。

続いて11月、12月と東京の品川、広尾に出店し、2018年12月時点で東京、大阪、福岡に展開しています。

吉祥寺店はベーカリー&カフェ

f:id:Fukuneko:20181202192544j:image

THE CITY BAKERYは

  • ベーカリー&カフェ
  • レストラン
  • バー&バーガー

の店舗があり、吉祥寺店はパン屋とカフェを併設した「ベーカリー&カフェ」。

モーニング(Breakfast/ブレックファースト)やランチを頼むときもベーカリー側のレジで注文します。

料理はセルフサービス

フードメニューを注文すると番号札がもらえるので、それを持って奥のカフェスペースへ。

ちなみにブレックファーストメニューを注文するとドリンクが+100円になります。

ドリンクはレジとカフェスペースの間で受け取ります。

料理ができると番号を呼ばれ、自分で取りに行くシステムでした。

f:id:Fukuneko:20181202192615j:image

写真のドリンクはジンジャエールのレモン。

さわやかで朝にピッタリのドリンクでした(いつでも飲めます)。

朝食メニュー2種類を食べてみた

シティベーカリーでは今回主人と1種類ずつ朝食メニューを頼み、それぞれ半分ずつシェアしました。

まずは「CB Breakfast」というシグネチャーメニューを。

f:id:Fukuneko:20181202192554j:image

内容はサラダ、ベーコンエッグ、トーストのセット。

これで980円は正直「高いな…。」と思ってしまいましたが、トーストがとても美味しかったです。

+150円でフレンチトーストに変更できます。

f:id:Fukuneko:20181202192603j:image

もう一品はフレンチトースト。

甘いメープルシロップとしょっぱいベーコンの取り合わせがニューヨークという感じ。

濃厚かつしっとり柔らかな口当たりの美味しいフレンチトーストです。

f:id:Fukuneko:20181202192549j:image

ベーコンエッグの目玉焼きは半熟でした。

メニューはドリンクを付けると1000円以上になるので全体的にちょっと高いかな~という印象ですが、ブレックファーストは朝8時から11時までなので、休日のちょっとリッチなモーニングやブランチにおすすめです。

ちなみに今回は普段私が作っている夕飯の分として主人のおごり。ごちそうさまでした。

バインミーを食べてみた

f:id:Fukuneko:20181202192620j:image

朝食を食べた後ですが、どうしても気になったバインミーも買ってしまいました。

バインミーは520円(税抜)とやはりお高め。でもバインミー、好きなんです。

が、ちょっとこちらのバインミーは私が求めていたものとは異なりました。

とっても上品なバインミー。

ベトナムの屋台で100円くらいで食べたバインミーの方がはるかに美味しかったですごめんなさい。

パンは店舗限定品も多い

f:id:Fukuneko:20181202192610j:image

サンドイッチと一緒にパンも買ってみました。

吉祥寺限定のパンもありどれを買うかとても悩んだのですが、1個の価格が300~400円以上…。

食パンが3斤買えちゃうわと換算してしまう庶民には1個だけ買うのが限界でした。

f:id:Fukuneko:20181202192558j:image

1個だけ選んで買ったのはカレンズとくるみ、小200円。

外側が焦げすぎてる気がしますが(こういうもの?)くるみがぎっしりでした。

焦げはやはり苦かったですが、それも一つの味わいになり最終的には美味しくいただきました。

果たしてパン激戦区でもある吉祥寺で今後どうなるか?

また別のを2個くらい買いに行ってみようと思います。

RELATED POST