日々のできごと

コロナワクチン接種の記録(モデルナ)

遅ればせながらCovid-19ワクチン(モデルナ製)を接種してきました。

副反応の報告が目立つコロナワクチンですが、果たしてどうなるのか?

基礎疾患なし、低血圧貧血傾向の39歳女性の記録です。

10/8:1回目接種

予約した日時に会場に向かい、検温。

体温は36.4℃。平熱は35.5~36℃くらいなのですが、25分くらいかけて歩いてきたので少し高めに出たのかもしれません。

10:37 ワクチン1回目接種

問診を終えて1回目の投与。

採血程度の痛みにプラスして何とも言えない鈍い痛み。筋肉注射特有の痛みかもしれません。

痛くないって聞いてたけどそれなりに痛いですね。

その後次回の予約の確認。

初めに明らかに違う日にち(11/29)を案内され、「いや、4週後だと11/5ですけど…」「あ、10/29でした」「それだと3週間後でファイザーの設定では…」というやり取りを経て確認していただき、最終的に11/5に修正されました。会場に残っていた他の被接種者はその場で修正できたようですが、既に帰った方々は大丈夫だったのだろうか。

10:52 経過観察終了

投与後15分間イスに座ってアナフィラキシーのリスクなどの経過観察。

幸い特に変わったことは何もなし。

じーっと座っていたので立つときに若干の立ち眩み。いつものことですがこういう時はドキッとしますね。

徒歩でスーパーに寄って帰宅。この時は注射部位がちょっと痛いくらいでした。

14:00 痛み・腫れが出てくる

この頃から腕を上げ下げすると注射部位が痛むようになってきました。

組織の一部が損傷を受けたような痛み。Twitterでは筋肉痛という表現をよく聞いたけど、打撲に近い感じ。

とはいえ動かしたり触ったりしなければ痛くないし、動かせないほどの痛みではないので日常生活は普通にできました。

接種から帰宅後
翌朝

この痛みは翌日も継続中。投与部位の三角筋の腫れはまだあり。翌日10/9の熱は35.8℃で発熱なし。

1回目はやはりさほど副反応ないですね。

10/10:投与後2日目 まだ腫れあり

打ってから2日後の朝。

投与部位の腫れは昨日の半分くらいになりましたが、触れるとまだ痛いです。肩より高い位置に腕を上げるとまだ痛みます。

その他特に症状なし。ここまで倦怠感とかも特になかったです。

10/14:投与6日後 腋窩リンパ節に痛み

投与部位の腫れは4日後には落ち着きました。

しかしその後、ワクチンを打った左の脇の下に痛みが出てきました。

バンザイをしてみると左脇が少し腫れており、触るとリンパ節の腫れであることが分かります。

個人的には表面的に感じる注射部位の痛みより、内部の方で感じるリンパ節の痛みの方が何だか嫌な感じです(^^;

10/16:投与8日後 モデルナアーム出現

リンパ節の痛みは7日後も継続。

そして投与8日後の朝、なんか腕が痒いな~と思ったら注射部位が硬くなっており、赤くなっていました。

いわゆるモデルナアームが出現したようです。

モデルナアームは投与8日後くらいに出現することが多いようで、まさに予想された副反応。

かゆみはそこまででもないですが、時々搔きたくなる程度の痒みがあります。たぶん軽い方ですね。

リンパ節に痛みが出てから出現したので、体の中で免疫反応が起きてるんだな~というのを実感しました。

※2回目の接種まで経過を記録していきます。